特定調停とは?消費者金融対策になるのか?

特定調停で人生を再出発!簡易裁判所への申立書の申請から、消費者金融への対応法を教えます

特定調停をする際に陥りやすい罠とは? 特定調停で人生を逆転させた筆者が借金返済地獄の経験を赤裸々に告白します。

特定調停とは?

裁判所において債権者(お金を貸した側)と、債務者(借りた側)が話し合い、残りの借金額を確認し、支払い方法について調整する制度です。

一言で言ってしまえば、「もう払えないから、借金を減らしてくれ」ということを、裁判所を通して調停してもらうことです。

その裁判所とは、原則として、相手方の住所・営業所を管轄する簡易裁判所になります。しかし、同じ申立人の複数の相手方の管轄が異なっていても、同一の簡易裁判所で処理してもらうことが可能です。

特に金融業者の大半が、利息制限法を越えた利息を請求してきてるのが一般的ですので、この特定調停を利用すれば、再計算を行えば、ほとんどの場合、借金が減額されます。

ちなみに、支払い機関が、4~5年で半額、6~7年の場合は、借金がゼロとなります。

つまり、あなたが何年も苦しんだ結果が多重債務となっている場合、借金が減ります。また、短期であっても将来の利息が減額されますので、早いうちでの対処が重要です。

特定調停で借金返済!簡易裁判所への申立書の申請から、消費者金融への対応法教えます。
特定調停で借金返済!!簡易裁判所~消費者金融までの対応法
Copyright (C) 2006 特定調停で借金返済 All Rights Reserved